スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発音が分かりやすいローマ字の考案

日本語にはローマ字というものが存在する。
一般的にローマ字と言えばヘボン式ローマ字のことを指す。
しかしそれは音素も音声も正しくは表されていなく、分かりにくいと感じた。
そこで私は音声を分かりやすく表記するためのローマ字を考案することを決めた。

※音素…日本語における「音」 記号//で表す
※音声…客観的な「音」 記号[]で表す


綴り
日本語は「い」の発音が少し特殊だ。発音するときに舌に力を入れて、舌の真ん中をかなり盛り上げて発音している。
これが音声に及ぼす影響は、子音の変化だ。
例えばサ行を例に挙げよう。「さ」の子音は[s]で「し」の子音は[ɕ]だから違う音声だ。
しかし日本語しか知らない人は「さ」と「し」が違う子音を持っていると思うだろうか。
つまりそれらは違う音声であるが、同一の音素/s/であるのだ。
子音が変化しているのは前述のとおり「い」の発音によるものである。
同様のことがイ段の存在する全ての行で言える。

因みにタ行の子音の音素は二種類あるのだ。
音声はta chi tsu te toという感じであるが音素で表すならta ci cu te toと表すべきであろう。

と、音素について熱く語ってきたが、今回考案するローマ字では音素は基本的に無視する。
何故なら"ci"と書いてアメリカ人が正しく「ち」と読めるとは思えないからだ。
だから私は「ち」を"chi"と書く。

ところで、やはりヘボン式ローマ字ではこの「音声の表記」が不十分なのだ。
「ふ」は音声でも音素でも"fu"ではない。これがどうしても納得いかない。
他にも、日本語は無母音化することがあるが、それをヘボン式ローマ字では無視している。
音声を正しく示すなら無母音音も対応する文字で書くべきだ。
例えば「ナフタレン」はヘボン式ローマ字でnafutarenと書かれるが、音声を簡単に表すならnaxtarenと示したい。

色々あるが、やはり五十音表を書くのが手っ取り早いだろう。

a

i

u

e

o

ka

ki
ky

ku
k

ke

ko

sa

shi
sy

su
s

se

so

ta

chi
ch

tsu
ts

te

to

na

ni

nu

ne

no

ha
wa

hi
hy

hu
f
x

he
e

ho

ma

mi

mu

me

mo

ya

yu
イェ
ye

yo

ra

ri

ru

re

ro

wa

i

e

o
wo

n



g

gi

gu

ge

go

za

ji

zu

ze

zo

da

ji

zu

de

do

ba

bi

bu

be

bo

pa

pi
py

pu
p

pe

po


きゃ
kya
  きゅ
kyu
きょ
kyo
ぎゃ
gya
ぎゅ
gyu
ぎょ
gyo
しゃ
sha
しゅ
shu
sh
シェ
she
しょ
sho
じゃ
ja
じゅ
ju
ジェ
je
じょ
jo
ちゃ
cha
ちゅ
chu
チェ
che
ちょ
cho
ぢゃ
ja
ぢゅ
ju
ぢょ
jo
にゃ
nya
にゅ
nyu
にょ
nyo
ひゃ
hya
ひゅ
hyu
ひょ
hyo
びゃ
bya
びゅ
byu
びょ
byo
ぴゃ
pya
ぴゅ
pyu
ぴょ
pyo
みゃ
mya
みゅ
myu
みょ
myo
りゃ
rya
りゅ
ryu
りょ
ryo


ヴァ
ba
va
ヴィ
bi
vi

bu
vu
ヴェ
be
ve
ヴォ
bo
vo
スィ
si
ティ
ti
トゥ
tu
ディ
di
ドゥ
du
テュ
tyu
デュ
dyu
ファ
fa
フィ
fi
フェ
fe
フォ
fo
ウィ
wi
ウェ
we
ウォ
wo

二つ以上あるものはいずれかを用いる。まあ殆どは無母音音であるが。
カタカナで表したものは伝統的に日本語にはなかった発音であるが、特に気にする必要はない。

次に五十音表では表しきれない部分を定義しよう。
・長音は母音字を重ねて表記する
・促音は後の文字に関わらず次の子音字を重ねて示す
・撥音は後の文字に関わらずnで表す
・アポストロフィは前後の字を分けて読むことを表す
・ハイフンは複合語や意味の塊など気分でつける
・日本語に無い発音が現れたら別の文字を使い注釈をつける


分かち書き
Watashiwahonoyomimashita
「私は本を読みました」とローマ字で書いたが、この文はかなり読み難い。
Watashi wa hon o yomimashita
このようにスペースを空けて書くことを「分かち書き」という。
しかし分かち書きはとても難しいのだ。
「読みました」の部分はyomimashitaとすればよいか、yomi mashitaとすればよいか分からない。
分かち書きは書き方が決まっているわけではないから自分で考えよう。

※スペースに挟まれた一続きのアルファベット群を「チャンク」と呼ぶことにする。一般的に言う「チャンク」とは少し意味が違うから注意せよ。

【名詞】
・普通名詞は原則一つのチャンクにする。ただし複合語などの時はその場で考える。
・固有名詞はその場で考える。複合語が多いためハイフンを多用する。
例:東京都 ... tookyoo-to
・数詞は数の部分と助数詞の部分をハイフンで繋ぎ一つのチャンクにする。ただし和語の数詞はそのまま一つのチャンクにする。
例:三十九個 ... sanjuukyuu-ko;三つ ... mittsu
・形式名詞、代名詞は原則一つのチャンクにする

【動詞】
一つのチャンクに収める。
・可能動詞は普通動詞と同じように書く。
・ら抜き言葉は「れる」の前にハイフンを書いて一つのチャンクに収める。
例:食べれる ... tabe-reru

【形容詞】
一つのチャンクに収める。

【形容動詞】
語幹と活用語尾の間にスペースを入れる。

【連体詞】
一つのチャンクに収める。
「この」「その」「あの」「どの」は一つの連体詞と見做しスペースを空けない。

【副詞】
語の副詞も叙述の副詞も一つのチャンクに収める。

【接続詞】
原則一つのチャンクに収める。
「それから」「あるいは」「または」などは分解し、sore kara;arui wa;mata waというように表記する。

【感動詞】
一つのチャンクに収める。

【助動詞】
活用する語の終止形・連体形以外に接続する時は直前のチャンクに纏める。
それ以外は独立したチャンクを成す。
以下は特殊な例
・「まい」...直前のチャンクに纏める。五段動詞終止形接続であるが、それ以外では未然形接続であるため。
・「そうだ」...様態を表すときは直前のチャンクに纏める。伝聞を表すときは独立。また「そう」+「だ」と見做し、sou daと表記する。
・「ようだ」...「よう」+「だ」と見做し、you daと表記する。

【助詞】
助動詞と同じように直前の語による。
以下に独立したチャンクを成さない例を示す。
・「け」(終)...終止形接続であるが例外的に直前の語に付属する。
・「たり」(並立)...連用形接続のため直前の語に付属。
・「つつ」(接)...連用形接続のため直前の語に付属。
・「て」(接)...連用形接続のため直前の語に付属。
・「ても」(接)...連用形接続のため直前の語に付属。
・「ながら」(接)...動詞連用形・形容詞終止形に接続する時は直前の語に付属。形容動詞の語幹に接続する時は独立。
・「ば」(接)...仮定形接続のため直前の語に付属。
・「(と)も」(接)...形容詞の連用形に接続するため直前の語に付属。「美しく(と)も」など


品詞による分かち書きの定義はこれで終わりである。

まだ終わりではない。ラスボス「連語」様のお出ましだ。
しかし連語は品詞が定まっていない上にまさに無限に近い数が存在する。
というわけで私は連語の分かち書きの定義を諦めて、出てきたらその場で考えることにする。


編集後記(読まなくてよい)
日本語は読むのが難しい。何故ならば読みと漢字が一対多で対応しているからだ。
「生」という感じに至っては読み方が百通り以上あるという。
私は外国の人に日本語の歌の素晴らしさを伝えたいのであるが、流石に漢字の歌詞を読ませるのは効果が無いだろう。
ゆえに日本人がローマ字にすればよいと考えた。
しかしヘボン式ローマ字では、発音が誤って解釈されてしまう危惧も同時に感じた私は、今回の新たなローマ字の考案に至ったのだ。
このローマ字はまだ開発途上で不十分なところもあると思う。
なにか気付いたことがあれば私に文句をつけてほしいものである。
あとこのローマ字の名前も募集中。
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。